世界で最も贅沢なカジノリゾート

カジノは最近できた娯楽施設ではなく、数十年の歴史があります。ほとんどのカジノリゾートは、お金持ちの顧客と豪華さだけを連想させるかもしれません。しかし、現在のカジノは、購買力の低い人でも訪れることができるようになっています。

確かにカジノは、豪華さや、特別な雰囲気が滲み出ている場所です。カジノというと、真っ先に思い浮かべるのはラスベガスです。豪華なカジノといえば、このギャンブルの街が常にトップを占めているので、それはそれで正解なのですが、ラスベガスと同じくらい贅沢で豪華で堂々としたカジノが世界中に存在することを知っておいても良いでしょう。

以下は、世界で最も贅沢なカジノのリストです:

  • ザ・ベネチアン・マカオ(マカオ)

現在、マカオは「東洋のモンテカルロ」として知られています。マカオには、地球上で最大のカジノであり、世界で6番目に大きな建造物である「ザ・ベネチアン・マカオ」をはじめ、多くの世界最大級のカジノがあります。このカジノは、モデルとなったラスベガスの姉妹リゾートと同様に、ラグーンに囲まれた都市の運河のレプリカを含むベネチア様式を採用しており、外観も内装も素晴らしいものとなっています。

 

  • マリーナベイ・サンズ(シンガポール)

シンガポールで最も有名な建物のひとつで、テレビ番組、雑誌、CMなどでもおなじみです。マリーナベイ・サンズは、高級なホテル&カジノで、世界最大のインフィニティプール、映画館、劇場、ミュージアム、屋内スケートリンク、会議場などを併設しています。建物は、トランプ1組を模したタワーを3本配した構造となっています。

 

  • サンシティ・カジノ・リゾート(南アフリカ共和国)

4軒のホテル、2つのゴルフコース、カリブ海風の人工ビーチ、そして800台のスロットマシンを備えたカジノ施設で構成されるリゾートです。森の中に位置し、メンテナンスの行き届いた贅沢な「オアシス」となっています。

 

  • カジノ・ド・モンテカルロ(モナコ)

モンテカルロは、カジノに関しては世界で最も有名な都市のひとつです。19世紀の興味深い建物を利用した高級リゾートで、海外からのゲストを迎え入れる一方、地元の人々の入場は禁止されています。カジノ・ド・モンテカルロは、貴族的な雰囲気と現代的な魅力の両方を兼ね備えています。

 

  • パームズ・カジノ・リゾート(ラスベガス)

バービーをテーマにしたホテルで、風変わりなカジノを併設している、ややシックで奇妙な、とても珍しいリゾートです。宿泊施設はピンクを基調とした内装で、その中の一部は個別のテーマ(例:バスケットボール)に基づいてデザインされています。パームズ・カジノ・リゾートは確実にラスベガスで最高のカジノの一つと言えるでしょう。

  • デザート・ケーブ・ホテル(オーストラリア)

世界最大かつ最も贅沢なカジノホテルとは言えませんが、このリストに入るのにふさわしいホテルであることは確かです。誰もが目を奪われる素晴らしい内装と建築が特徴です。興味深いのは、すべての客室が地下階にあり、カジノ、ゲームルーム、スイミングプールがオーストラリアのクーバーペディ砂漠に埋もれていることです。

 

  • シーザーズ・パレス(ラスベガス)

シーザーズ・パレスは、間違いなく、何十年にもわたって名声を築き上げてきた世界で最も有名なカジノで、ラスベガスのトレードマークとなっています。不況や様々なスキャンダルなどの問題があったにもかかわらず、その評判を維持し、贅沢さの象徴として現在に至ります。豪華な客室と広さ約15,400㎡のゲームスペースは、ラスベガス・ストリップの過剰さのイメージを決定づけたと言えるでしょう。シーザーズ・パレスのスタイルとインテリアは、古代ローマを模しています。

 

8.ザ・リッツ・カールトン・サンファン・カジノ(プエルトリコ)

広さ8000ヘクタールの敷地からは大西洋が望めます。様々な運ゲーム、300台のスロット、世界最高水準のテーブル、高度なルーレットなどが用意されており、ギャンブル好きにはたまりません。さらに、郷土料理や各国料理も豊富に取り揃えており、すべてのギャンブルファンにとって最高の環境となっています。